山本真希 オルガン – 山本真希 バロック時代を彩る名曲

山本真希(オルガン) 定価2,400円(税別) sacd版≪バロック時代を彩る名曲≫(ライヴ録音) 定価3,500円(税別) ※sacd(スーパーオーディオcd)の再生には専用プレーヤーが必要となります。通常のcdプレーヤーでは再生出来ませんのでご注意ください。

山本真希の端正な演奏でオルガンの多彩な音色を楽しむことができます。 さらに今回の注目としてコンサートホール及びホールに備え付けられたパイプオルガンの改修後初の録音で、今回ももちろん録音家・オーディオ研究家の下山幸一氏による渾身の録音

山本真希がりゅーとぴあの専属オルガニストとして贈る最後のリサイタル。 シリーズが完結するその時を、一緒に見届けませんか。 出演 オルガン/山本真希(りゅーとぴあ専属オルガニスト) 曲目 J.ヒメ

Aug 10, 2012 · 【りゅーとぴあ 山本真希 グレンツィングオルガンの魅力 ~j.s.バッハとスペイン音楽~/山本真希/ハイレゾ】 1 山本真希[オルガン] , Antonio Correa BRAGA[作曲]

グレンツィング・オルガンの魅力 ~ j.s.バッハとスペイン音楽 ~が室内楽・器楽曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除

山本さんのオルガンリサイタルも回を重ねて18回目。今回のテーマは「フランス近現代のオルガン音楽」ということですが、何といっても、にいがた東響コーラスと共演するデュリュフレのレクイエムが注

年度末、バタバタする中、何とか時間を見つけて、りゅーとぴあ専属オルガニスト山本真希さんのオルガンリサイタルへ。毎回テーマを定めて開かれている山本さんのオルガン・リサイタルだが、今日3月21日はJ.Sバッハの誕生日ということで、今回のテーマは「バッハ一族のオルガン音楽

リサイタルによせて (山本真希) 16世紀以降、オルガンは時代や国、地域によって独特の個性を備えて製作されるようになり、民族色豊かに発展していきました。 オルガンが一つの個性を持つ楽器として最初に完成されたのは、16世紀のイタリアでした。

りゅーとぴあ改修後初の録音!専属オルガニスト山本真希による『バロック時代を彩る名曲~グレンツィングオルガンの

山本真希がりゅーとぴあの専属オルガニストとして贈る最後のリサイタル。 シリーズが完結するその時を、一緒に見届けませんか。 出演 オルガン/山本真希(りゅーとぴあ専属オルガニスト) 曲目 j.ヒメネス:第6旋法によるバッタ

イタリア・バイカウント社製クラシックオルガンのページです。ご家庭にも最適なコンパクトサイズから教会や式場向けの本格モデルまで、パイプオルガンの音色を忠実に再現し高い表現力を持つ、ヨーロッパでも高い評価を得ている電子クラシックオルガンのラインナップをご紹介いたします。

山本真希 バロック時代を彩る名曲~グレンツィングオルガンの魅力iii [sacdシングルレイヤー] [国内プレス] [日本語帯・解説付]が古典・バロックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

山本真希オルガンリサイタルシリーズ グレンツィング・オルガンの魅力 No.26 ←前 次→ 2019年12月14日(土) 17:00 新潟市民芸術文化会館 コンサートホール

山本 真希 (オルガン) Maki Yamamoto, Organ. 神戸女学院大学、同大学専攻科卒業後、渡独。ドイツ、フライブルク、シュトゥットガルト、フランス、ストラスブールで学ぶ。井上圭子、Z.サットマリー、J.ラウクヴィック、C.マントゥーの各氏に師事。

山本真希オルガンリサイタルシリーズ№18 フランス近現代のオルガン音楽 ~敬虔なる祈り モーリス・デュリュフレ レクイエム~ 2014年10月3日(金)19時開演、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホール 【曲目】

山本真希オルガンリサイタルシリーズ ~グレンツィング・オルガンの魅力No.27 オルガン名曲集~スペインとJ.S.バッハの珠玉作品~ 2020年3月15日(日)15:00~ りゅーとぴあ コンサートホール チケット12月13日(金)発売

石巻市遊楽館オルガン体験教室講師。豊島区吹奏楽団オルガン賛助メンバー。 福島在住者として被災地の報告を兼ねたコンサート、またNo nukes goods販売売り上げを 被災地や災害に遭われた地域へ支援することにも力を入れている。 < 2 > 札幌生まれ。

山本真希オルガンリサイタルシリーズ/グレンツィング・オルガンの魅力No.26 クラヴィーア練習曲集第3部 ~バッハオルガン作品の最高傑作 ドイツ・オルガン・ミサ~ 12月14日(土)17:00〜 りゅーとぴあ コンサートホール チケット発売中(10月31日現在)

いつも「気持ちは28歳!」と思っている私も実はその倍近かったりします。 でも、こんな1月の最終日までこんな気候 []

山本真希オルガンリサイタル@りゅーとぴあ(10/5) バックステージツアーでパイプオルガンの生音にはまりました。 CDは一枚だけもっていますが(演奏会で購入した)、やっぱ生音じゃないと駄目です。

3月15日 日 15:00 新潟 新潟市民芸術文化会館 山本真希 オルガンリサイタルシリーズNo.27 3月15日 日 15:00 京都 青山音楽記念館バロックザール 栗山美緒(ポジティフ)、他 第7回青山財団奨学生成果披露演奏会~若き音楽家たちによる音の祭典Vol.2※要申込

「山本真希オルガンリサイタルシリーズNo3」 今回のテーマは「オルガンソナタ」 サブタイトルは「バッハのトリオソナタから珍しいオルガンとピアノのソナタまで」 演奏された曲は CPEバッハ:オルガンソナタwq70/6 JSバッハ:トリオソナタ第1番BWV525

グレンツィング・オルガンの魅力~J.S.バッハとスペイン音楽~、山本真希 (Classical)、CD- タワーレコード

バッハのオルガン作品の最高傑作ともいわれる「ドイツ・オルガン・ミサ」を合唱とともにお贈りします。年の瀬の慌ただしさを少しだけ忘れて、厳かなひと時をお楽しみください。 出演. オルガン:山本真希(りゅーとぴあ専属オルガニスト)

山本真希が登場しパイプオルガンに向かい,最初にホリンズ(1865-1942 イギリス)の「トランペット・メヌエット」が演奏されます ステージ奥のスクリーンには,オルガン奏者の手元や足鍵盤の様子が映し出され,3段の手鍵盤と足鍵盤の両方を使って演奏

2013年9月23日、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホールから東京交響楽団第79回新潟定期演奏会から飯森範親指揮、山本真希(りゅーとぴあ専属オルガニスト)によるサン=サーンスの交響曲 第3番 ハ短調 Op.78 「オルガン付き」です。

2.8/5(3)

この教会には、2011年に日本オルガン社製のbenedikt t-223 という24ストップの教会型電子オルガンが導入され、以後毎年山本真希さんによるチャリティーオルガンコンサートが開催されており、今回が9回

山本真希 オルガンリサイタルシリーズ No.24 バッハ <前編> ←前 次→ 2018年3月21日(水) 15:00 新潟市民芸術文化会館 コンサートホール オルガン:山本真希 ヨハン・ヤコブ・フローベルガー:トッカータ ト長調 FbWV103

当ホールを知りつくし適切な音響空間を実現させた大注目の録音です! 山本真希の端正な演奏でオルガンの多彩な音色を楽しむことができます。 このディスクはsacd対応プレーヤー専用ディスクです。通常のcdプレーヤーでは再生することができません。

山本真希オルガンチャリティーコンサート . ピアノ 新潟県民会館 江南区文化会館 新潟大学 スタジオスガマタ 長岡市立劇場 北区文化会館 オルガン

山本真希 オルガンリサイタルシリーズ グレツィングオルガンの魅力 No.3 オルガン・ソナタ 「バッハのトリオ・ソナタから珍しいオルガンとピアノのソナタまで」 ←前 次→: 2007年9月22日(土) 17:00 新潟市芸術文化会館 コンサートホール

『グレンツィング・オルガンの魅力~バッハとスペイン音楽』 山本真希 – のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。

山本真希 バロック時代を彩る名曲~グレンツィングオルガンの魅力iii [cd] [国内プレス] [日本語帯・解説付]が古典・バロックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

バロック時代を彩る名曲~グレンツィンオルガンの魅力 III、山本真希 (Classical)、SACD- タワーレコード

以下12件のトラックバックはこのページのエントリー”グレンツィング・オルガンの魅力 山本真希オルガンリサイタル@りゅーとぴあ”を参照しています。 このエントリーのトラックバックurl:

本専攻の最大の魅力は、国内の教育機関でも有数のスケールの大きさを誇るパイプオルガンを日常的に演奏できることです。 山本 真希 神戸女学院大学、専攻科卒業。

J.ロイブケ/オルガン・ソナタ ハ短調 詩篇94番—-最近りゅーとぴあに行く度に山本さんを見かける。専属オルガニストとは言っても演奏だけでなくて色々仕事があるのだろう。 その山本真希さんによるオルガンリサイタルシリーズの第3回。

私も「りゅーとぴあのオルガン=山本真希さん」と思っていました。本当に名誉市民の称号を送って欲しいですね。 大ファンの山本真希さんが去るのは寂しいですが、次期オルガン奏者石丸由佳さんに期待したいと思います。

10月13日 山本真希オルガンリサイタルシリーズグレンツィングオルガンの魅力No.16「コラールの名曲 ~うけつがれる祈りと讃美~」りゅーとぴあ新潟市民芸術文

サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」 山本真希(Org)飯森範親指揮東京都交響楽団 りゅーとぴあ / RYUT-0001 ホールの音響の良さを伝える質感の高い弦楽器と木管楽器の音色が聴きどころ。

りゅーとぴあのオルガニスト山本真希さんを迎えてのバッハの「オルガン小曲集」の世界その2。その1は昨年のクリスマス時期にあった。日本キリスト教団新潟教会の主催(?)で、同教会の会員でもあるマカベゴロウさんの解説により進行される。

パイプオルガンは通常客席に背を向けての演奏になります。みなさんは、演奏者がなにやら忙しそうに動いているのを見て、何をしているのか知りたいと思ったことはありませんか?

2013年9月23日、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホールから東京交響楽団第79回新潟定期演奏会から飯森範親指揮、山本真希(りゅーとぴあ専属オルガニスト)によるサン=サーンスの交響曲 第3番 ハ短調 Op.78 「オルガン付き」です。

★大反響を呼んでいるりゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館の自主レーベルのディスク。当ホールの専属オルガニスト山本真希独奏、飯森範親指揮、東京交響楽団の演奏によるサン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付き」(ryut 0001)は「dsd ライヴ収録が捉えた、美しい旋律と豊かな実在感」と

日本を代表する3名の演奏家、オルガン奏者の山本真希、カウンターテノールの藤木大地、フルート奏者の前田りり子によるバロックの名曲の数々

日本を代表する3名の演奏家、オルガン奏者の山本真希、カウンターテノールの藤木大地、フルート奏者の前田りり子によるバロックの名曲の数々

Jan 13, 2017 · 【2月に開催される演奏会】 山本真希 オルガンリサイタルシリーズ 「グレンツィングオルガンの魅力」No.22 中欧・東欧の音楽~自由と平和への祈り~ 公演日/2月25日 出演/オルガン/山本真希 トランペット/佐藤友紀 会場/りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館

Aug 19, 2017 · バッハ、ヘンデル、ヴィヴァルディ、パーセル、スカルラッティ、パッヘルベル、クープラン、コレッリ、アルビノーニ

ルネサンス・バロック時代のオルガン音楽~j.s.バッハの源泉をたずねて~ 【曲目】パッヘルベル:トッカータ ホ短調 j.s.バッハ:目覚めよと呼ぶ声がして bwv645 トッカータとフーガ ニ短調 bwv565 ほか 【出演】:山本真希(りゅーとぴあ専属オルガニスト)

雪降る中、第15回山本真希オルガンリサイタル「ロマン派の名作」を聴きに、りゅーとぴあへ足を運ぶ。(交通手段は天候が悪いということでマイカー利用。駐車場も余裕だしね。やっぱ、車は楽だわ。)今回のリサイタルは「フランツ=リストとオペラ作品」。前半にワーグナー

[ 新潟県新潟市中央区 / コンサート / ] ヤマモトマキオルガンリサイタルシリーズ ナンバーニジュウニ チュウオウ・トウオウノオンガク~ジユウトヘイワヘノイノリ~ 山本真希オルガンリサイタルシリーズNo.22 中欧・東欧の音楽~自由と平和への祈り~

山本真希さんに代わるりゅーとぴあのオルガニストに石丸由佳さんが決定したということです。りゅーとぴあのサイトに掲載されています(↓)。 石丸さんは新潟出身で、りゅーとぴあのオルガン講座から生まれたオルガニスト。

出演者 山本真希(オルガン)、辻裕久(指揮)ほか 料金 S席 : 3,000円 A席 : 2,000円 Sペア席 : 5,000円 チケット発売日:N-PAC mate2017年8月23日(水)

サン=サーンス:『オルガン付き』 飯森範親&東京交響楽団、山本真希 2013年りゅーとぴあ・ライヴ 「まさに深い感動を与えた演奏をライヴ一発録りで捉えた、sacdの超盤だ。」 (オーディオ評論家 角田

(パイプオルガン)山本真希 (8分34秒) ~福井県立音楽堂 ハーモニーホールふくい 大ホール(2017年5月14日)~ 「マイスタージンガーによる祝祭音楽」 ワーグナー:作曲 カークエーレルト:編曲 (パイプオルガン)山本真希 (5分50秒)

りゅーとぴあの専属オルガニストが4月から代わり、新たに山本真希さんが就任します。 山本さんは大阪府出身で、神戸女学院大学を卒業後、7年間ドイツに留学。昨年は、ドイツで行われた国際オルガンコンクールで第3位に輝きました。

山本真希 バロック時代を彩る名曲~グレンツィンオルガンの魅力Ⅲ. 山本真希. ryutsa-0002

オルガン新人演奏会. 新人演奏会は年1回、総会が行われる日の午後に開催されます。オルガン専攻の科またはコースを設置している 大学・短大の新卒業生の中から、各校によって推薦された1名が出演しま

それに今回の3月28日に行われる、その3つによるスプリングコンサートではオルガン山本真希さんの担当として最後の演奏もあるらしいです。 ぜひ今まで聴いたことが無いという方に聴いてもらいたいです

・サン=サーンス:交響曲第3番ハ短調 Op.78『オルガン付き』 山本真希(オルガン) 東京交響楽団(コンサートマスター:水谷晃) 飯森範親(指揮) 録音時期:2013年9月23日 録音場所:りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホール